<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐」11月23日発売 | main | プレーオフ凄いね >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

プロ野球について

最近、ちょくちょく覗かして貰ってる
shinchayaさんchieさんのところで野球について書かれてたので
自分でも少し考えてみた。LINKや今のBlogpetを見て貰っても分かるけど
今では阪神ファン、以前は野球もあまり興味なかった。
運動音痴だし、野球と言えばPS2でやるくらいしかも守備はオートw
最初はただの巨人嫌い(今もだけど)第一に金に物を言わせてって
態度が嫌いだったし他にも色々理由はあった。
でもいちいち説明するのも面倒だし関西人なので阪神ファンだと言えば
一言で片づくから20数年前からの、にわかファン^^;
同じ関西でも阪急や南海、近鉄なんて良く知らなかったしね
小学校の時の担任にはトラキチが居た。
阪神の負けた次の日は機嫌が悪く勝った次の日は六甲おろしを無理矢理歌わせられた。
そんな感じで洗脳されたこともあったから今は立派な?阪神ファンw

でも阪神がただ勝てばよいとは思わない。巨人が弱いと面白くない
巨人だけじゃなく他のチームも強くなって欲しい。接戦で競り勝ってこそ面白い。
今年は中日と最後まで競ってたからそれなりに面白かった。
優勝はおまけみたいなもん。やはり嬉しいけど嬉しい

パリーグのプレーオフ、やり方は別として野球を面白くしようと言う考え方は正しいと思う。
楽天の新規参入や交流試合もあり今年は目新しさがあって盛り上がった。
このままでは来年は厳しいかもしれないけどネ
セリーグは巨人戦を放送してれば視聴率稼げたし、阪神は弱くても客は集まった
これまで球団側は何に対策を考えてこなかったツケが今頃まとめて来ただけだと思う。
最近の村上ファンドの件もそう、やり方は決して正しいとは思えないけど
球団の上場なんて意見としては面白い。

球界全体が来年以降盛り上がるか、このままダメになっていくのか
タクシー潰したり川に飛び込んだりする馬鹿な奴らが居るかぎり野球が良くなるなんて思えない。

個人的にはただ応援する事しか出来ないけど、今後ファンにはいったい何が出来るんだろう?
もう一度考え直してみたい


しちみ * スポーツ * 21:54 * comments(4) * trackbacks(1)

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 21:54 * - * -

コメント

TBありがとう
野球に限らずに スポーツをより楽しく ながーく楽しむには
どうすべきかを考える時期になっただけのような気はします。が、
とかく 難しすぎです・・・・・・

私の のーみそ じゃ限界にちかいです!!
Comment by chie @ 2005/10/10 10:27 PM
chieさんコメントありがとう、俺の頭も良く理解出来てません^^;
複雑な事考えずに短銃に楽しむ事が出来ないのは悲しい
野球だけじゃなく全てのスポーツが企業の宣伝の為だもんね
とりあえず当分は何が有ろうと阪神応援し続けます。
Comment by しちみ @ 2005/10/10 10:49 PM
TBおおきに。

相手チームのファインプレーが出ると、
ファンには残念と思う気持が出るのはよしとしても、
相手選手に憎悪のごとき気持をぶっつけるのはやっぱり異常です。
冷静にすごいなーと感心するところから始めてはどうでしょうか。
Comment by shinchaya @ 2005/10/10 11:19 PM
shinchayaさんコメントありがとう、いくら嫌いなチームでも
ファインプレーは素直に感心します。
基本は、虎ファンですが元虎の選手も応援するし
他チームにも好きな選手はいっぱいいます。
そんな人が阪神相手の時はどっち応援するか悩むときもあります。
難しい事考えずに素直に楽しみたいですね。
Comment by しちみ @ 2005/10/11 1:33 AM
コメントする









トラックバック

阪神タイガースと、私。

そろそろ、私が現在、このチームに対するスタンスというか、感情みたいなものを、カミングアウトしてみようかと思う。 私は、「以前は阪神ファンであった」と、このblogで何度か述べてきた。 幼い頃はあまり野球を観なかったのだが、それでも「阪神」と聞くと、や
From サンヂョンプンニョムの呟き @ 2005/10/23 6:00 PM
このページの先頭へ